音声ARとは何か?エイベックスが参入を決定。

「Every Little Thing」や「AAA」、「倖田來未」など超有名アーティストが所属している企業のエイベックスが、音声AR事業に参入することを発表しましたね。

なるほど、音声ARか、、。ARは拡張現実のことだから”音声で現実を拡張する”ってこと?

当ってるような、間違ってるような。いまいちピンとこないので音声ARとは何か調べてみました。

 

スポンサーリンク

そもそも、AR(拡張現実)とは?

 

AR(拡張現実)とは、目の前にある対象物(例えば風景や建物、商品、料理とか)に画像や映像などのバーチャルな情報を合成する技術のことです。”Augumented Reality”を略して”AR”で、読み方はそのまま”エーアール”(日本国内でしか伝わらなそう)。

 

AR技術が使用されてるもの

 

有名どころだと、ゲームアプリの「ポケモンGO」とか「Ingress」ですかね。

ポケモンGOはテレビ番組のニュースでかなりの人が知ってると思いますが、スマホ画面を通して現実にいるかように見えるポケモンをゲットしたり、ゲットしたポケモンでバトルしたりするゲームです。どこらへんにAR技術が使われてるのかというと、ゲームプレイヤーの目の前にある現実にスマホを通してポケモンというバーチャルな情報を合成してるところですね。

ものすごくAR技術の使用例としては分かりやすいですね。

IngressはNianticという企業のゲームアプリで、ざっくりいうと現実の世界をフルに使った陣取りゲームです。ニュース番組ではあまり名前を聞いたことありませんね(ちなみに僕はかぴぐらしという漫画で知りました)。

ポケモンGOはこのゲームをベースに作られたらしいです(ポケモンGOもNainticが開発しています。時代先取りする力がすごいですね!)。

 

よく似た言葉のVR(仮想現実)とは?

 

VR(仮想現実)とは、コンピュータによってつくられた仮想的な世界を、電子技術で使用者の五感を刺激してあたかも現実世界のように体感できるようにする技術のことです。”Virtual Reality”の略語ですね。

現実逃避をするのにめちゃくちゃ使えそうです。PCのオンラインゲームで中毒になる人がたくさん出てしまい問題になりましたが、VR技術でゲームを作ってしまったら中毒になる人が尋常じゃなく増えて大変なことになりそうですね。ものすごくワクワクするけど、それと同時にすごく不安にさせる技術って印象です。

 

VR技術が使用されてるもの

 

これはもうシンプルに「VRゴーグル」とか「VRヘッドセット」が分かりやすいですね。

水中ゴーグルのレンズの部分に映像ディスプレイが着いてるようなやつです。これに関しては電気屋さんの売り場で普通に見かけますね。ちなみにどのくらいの値段かというとこんな感じです。

そこまでお手軽な値段では無いですね。でも近未来的な最新技術を家の中に置けると考えるなら安いのかな??どうなんでしょう。

 

スポンサーリンク

これまたよく似た言葉のMR(複合現実)とは?

 

MR(複合現実)とは、目の前の空間に表示させた電子的な情報を回り込んであらゆる角度から見たり、実際に触れて操作したりして仮想的な世界と現実世界をより密接にする技術です。”Mixed Reality”の略語でMR。

ARを一歩進めたようなイメージですね。ARではあくまで合成するだけで、合成した情報に対してこちらからアクションが取れませんでしたがMRはとることが出来るみたいです。

SF映画に出てくるような技術ですね。未来がすごいスピードで現実に近づいてきてるようで不思議な気持ちがします。

 

MR技術が使用されてるもの

 

Microsoft社の「HoloLens」ですかね。見た目はスポーティーでごついサングラスのような感じです。

VRゴーグルに見た目が似てますが、家電というより開発者やクリエイターの道具っていう雰囲気がありますね。想像力が豊かな人が使ったらいくらでも価値を高めていけそうな製品ですね。

 

音声ARとは?

 

音声ARとは、聴覚情報(音声ガイドや音楽)を追加することで現実世界を拡張する技術のことです。

ARでは現実世界へ視覚情報の追加、音声ARの現実世界へ聴覚情報を追加というイメージですね。MR技術の説明を聞いた後だと何だか音声ARのインパクトが弱く感じてしまいますが、めっちゃすごいです(一度MR技術のことは忘れましょう)。

 

音声AR技術でできること

 

観光地を訪問する際に、使用者に最適な言語での音声案内や訪問回数によって解説内容を変えたりすること。

イルミネーションの照明演出にあわせた音楽再生や屋外広告の映像に合わせた音声再生などの普段音出しが禁止されてるエリアでの音の演出などですね。

音声AR技術の使用者が持つ発想力の豊かさでいくらでも社会に貢献できそうな技術ですね。

 

まとめ

 

「AR」、「VR」、「MR」、「音声AR」と”Reality”ずくしの言葉について書いてみました。ざっくりいうと、

AR:視覚情報を使って現実世界を拡張!

VR:仮想的な世界へいざ!

MR:仮想世界と現実世界が互いに影響し合うぜ!

音声AR:聴覚情報を使って現実世界を拡張!

みたいな感じですかね(こんなので良いのか)。この4つの言葉を見てると世の中ってものすごいスピードで先に進んでいくんだな~としみじみ感じます。

というか、この技術を開発してる空間と僕が普段生活してる空間が同じ時間が流れてることにびっくりします。

スポンサーリンク