ブルゾンちえみの文旦インスタライブに癒される!使っていた皮むき器も紹介

ブルゾンちえみさんの”文旦をむくだけ”インスタライブを知っていますか?

”文旦をむくだけ”インスタライブとはその言葉通り、ブルゾンちえみさんのインスタグラムで”音楽を流しながらただただ文旦をむく”というシンプルだけど何だか斬新なライブのことです。とか言いつつも、お笑い芸人なんだから何かするでしょ?と思う人もいるかもしれませんが本当に文旦をむくだけです。

なので、ブルゾンちえみさんも「面白いことはしないから無理して見なくても大丈夫」的なことをちょいちょい言っています(笑)

そんな”文旦をむくだけ”インスタライブを見た感想を書いてみたいと思います。あと、その時使っていた皮むき器も!

 

スポンサーリンク

ブルゾンちえみの”文旦”インスタライブを見た感想

 

”文旦”インスタライブを見た感想と書いてしまうと、放送されたすべての”文旦”ライブを見た上での感想というふうに感じさせてしまうかもしれませんが、悲しいことに2018年4月16日の放送しかみれてません。なので4月16日の”文旦”ライブの感想ということで。

文旦1個

まず放送時間は15分程度で、この間にむいた文旦は1個。というよりも文旦1個をむく様子を放送したくて、それがたまたま15分かかったというのが正しいのかもしれませんね。

文旦1個をむくにしては結構スローペースですね(インスタライブ用にゆっくりむいているんだと思いますが)。でも文旦って皮が厚くて結構むきずらいので、時間を意識してないからゆっくり感じるだけで、じつは自分がむくときもそれくらいかかってるのかもしれませんね。こんど測ってみよ!

ざっくりとした流れ

ライブの流れをざっくり説明すると、

①ブルゾンちえみ登場

②おもむろに文旦を取り出しむき始める

③”文旦とカニをむくときは口数が減るよね”という話

④”文句も言わずに文旦をむいてくれる男性は大切にした方が良い”という話

⑤ガラス皿の上に文旦の実で出来たタワーができる

ですかね。基本的に皮がついてる文旦を取り出して、それをキレイにむいてガラス皿に乗っけるまでをたんたんと放送してるだけなので流れというような流れはないですね。

どんなけ、むくの好きなんだよ!

この放送を見て思うのは、どんだけブルゾンちえみさんは文旦をむくの好きなんだよ!ってことですね。文旦をむきたいけど、むいてしまうと楽しみが無くなってしまうというジレンマに悩みながらむいてるらしいです(笑)

そんなに消費するなら、ネットショップとかで大量にストックを買えば良いじゃんって思ってしまいました。ちなみにこの放送の時点でブルゾン家には文旦のストックが9個あるらしいです。どんなけ消費するんすか!

ブルゾンちえみさん曰く、「文旦というのはカニをむくときと同じで口数が減る」らしいです。カニをむくとき口数が減るのは言わずもがなですが、文旦をむくときって口数減ってたっけ??でもよく考えたら文旦をむきながらぺらぺらしゃべった記憶がないような..もしかするとすごい大発見かも

”文句も言わず文旦をむいてくれる男性は大切にした方が良い”という話では、ブルゾンちえみさんの理想の男性像?が垣間見えましたね。確かにむいてて手がベタベタになる文旦を文句も言わずむく男性は、そのむいてあげてる女性に対して無償の愛を注いでるのかもしれません。

インスタライブ中に出た名言っぽいことば

(文旦は)食べたくてむくというよりも、むきたくて食べてる

なんかすごく格好良いフレーズですよね。フルーツだったら大体使えそうです。

今度良い感じのタイミングがあったら使ってみようかな。

インスタライブ中に流れていた音楽

全てではなく分かるやつだけですけど、こんなのが流れてました。

City Of Stars

Boom Clap

 

”文旦”インスタライブで使っていた皮むき器

 

ブルゾンちえみさんもインスタライブ中に言っていたように、「ムッキーちゃん」という名前の皮むき器を使って文旦をむいてましたね。

ムッキーちゃんとは

柑橘系のフルーツの皮を簡単にむける皮むき器です。細長い見た目をしていて10cmほどのコンパクトな皮むき器です。白いフタについてるとがった部分でフルーツの皮に切れ目を入れ、手で中身を取り出します。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ブルゾンちえみさんの”文旦”インスタライブの感想と、その時に使われていた皮むき器を書いてみました。

人が文旦をむいてるのを見るのって何だか癒されますね。ブルゾンちえみさんがむいていたからなんでしょうか?少なくとも清涼感のある人じゃないとダメかも。あと、画面越しなのもポイントかも。

初めは何だこれはって感じでしたが、今では文旦をむいてる姿を欲してる自分がいます。

またやらないかな~

では!!

スポンサーリンク