高知の財布が完売!画像や値段、製作者の中島匠一さんも調査してみた

ノンスタイルというコンビでお笑い芸人として活動している石田明さんのツイートで大評判の「高知の財布」

高知の財布の公式ツイッターで8月12日に、完売御礼!という文字が入ったツイートが流れましたね。ノンスタイル石田さんの高知の財布ツイートが11日だからわずか1日で完売って、SNSの力凄すぎですよね。ノンスタイル石田さんの知名度もかなり影響していると思いますが、、

ちなみに注文が殺到して完売した高知の財布ですが、16日に増産が決まったらしいですね。

 

そんな高知の財布に注目していきたいと思います。

”高知の財布が完売!画像や値段、製作者の中島匠一さんも調査してみたよ”をお送りします。

 

スポンサーリンク

高知の財布の画像は?

 

高知の財布の画像がコチラです。

このツイートをきっかけに大反響が巻き起こりました。

財布の形と文字と背景の色合いが似ているからコンタクトレンズを外した目だと、見間違いが起きそうなデザインですよね。というかめっちゃユーモアがありますよね。

プレゼントとかで友達に上げたら良いリアクションを貰えそう!

それか「こうちの財布かったんだ~」と言いながら見せたりとか。使いどころによってはかなりウケそうですよね~。

 

ちなみにコチラが本物?というか有名ブランドの”coach”の財布。

机に実物をふたつ並べて見比べたら全然違う!って感じですけど、ぼんやり見ると雰囲気似てますね(良い意味で)。ただcoachの財布の画像を見るまで文字のデザインが同じだなって思ってたんですけど、全然違いましたね。

僕の頭の中ではcoachの財布は文字が斜めに入ってたんだけどな~(なぜ??)

 

高知の財布の値段は?

 

高知の財布の値段は送料別の税込みで4500円だそうです。

思ったより結構安く感じました。デザイナーの方がデザインする製品だと結構な値段をするものが多いので、、

財布の機能としては、ファスナー開閉式でカード入れ8個。札入れ3個にフリーポケット2個とファスナー式小銭入れも付いています。

財布としてもしっかり使えそうだし、受けも良さそうだし。

販売が再び開始されたら買おうかな。

 

高知の財布はコチラのサイトで販売しています。

8月16日現在、販売・予約受付停止中になってますね。

 

スポンサーリンク

高知の財布制作者の中島匠一さん

 

高知の財布をつくった人は中島匠一さんという方だそうです。

この方のプロフィールをざっと書くと

名前:中島匠一(nakajima syoichi)

生年月日:1993年

在住:大阪府

職業:メディアアーティスト

ですかね。

 

財布専門のデザイナーの方だと勝手に思っていましたが、どちらかというとアート系?よりの方みたいですね。

1993年生まれめっちゃ若いですね~。新進気鋭の作家さんなのかな?

ノンスタイル石田さんの横にいる”コーチ”と書かれたキャップをかぶってる黒ぶちメガネの方が中島匠一さんです。

童顔なのか異様に若く見えますね~。童顔羨ましい、、

 

活動実績は一部分ですが、

・合同会社MAP創業 MAF開催

・クラウドファンディングREADYFOR 達成

・大阪芸術大学卒業・学芸員資格取得

などですね。

 

まとめ

 

”高知の財布が完売!画像や値段、製作者の中島匠一さんも調査してみたよ”をお送りしました。

ホリエモンこと堀江貴文さんも高知の財布のプロトタイプを購入したことがあるようですね。どんどん知名度が上がっていってどこまで行くのでしょうか?これからの活躍が楽しみですね。

では!!

 

 

スポンサーリンク