ロフトのバレンタイン動画が炎上!その理由はなんだろうか

黄色い背景に黒字で店名が書かれたデザインが印象深い、有名な生活雑貨店であるロフト(Loft)。

そんなロフトが公開した今年のバレンタイン広告の動画がネット上で物議を醸しています。まあ分かりやすく言うと”炎上”ってやつですね^^;

 

そんなロフトのバレンタイン広告の動画について注目したいと思います。

”ロフトのバレンタイン動画が炎上!その理由はなんだろうか”をお送りします。

 

スポンサーリンク

ロフトのバレンタイン広告の動画とは?

 

ネット上で炎上してるロフトの2019年バレンタイン広告の動画はこちらのロフト公式のホームページから見れます(ページの一番下の方にyoutubeの動画が埋め込まれてます)。

 www.loft.co.jp 
女の子って楽しい!ロフトのバレンタインデー
https://www.loft.co.jp/lp/valentinesday/
チョコレートの甘い香りにカラフルなデザイン…バレンタインコーナーには女の子の“好き”がたくさん!ロフトで選ぶ、おもいおもいの贈り物。さぁバレンタインを楽しもう!

 

キャッチフレーズは「女の子って楽しい!」ですかね。専用ホームページのタイトルに入っているし。このフレーズを見ると前向きな雰囲気で押していくのかな?って感じがしますね。

動画の時間は1分45秒。

鷹の爪のアニメ的な紙芝居ベースのアニメですね。

女の子2人のささやかな掛け合いののち、「ズッ友」という言葉で終わる4コマ漫画みたいな内容のネタが5本(最後のを入れれば6本でしょうか)入っています。

 

炎上してしまったのはなぜか?

 

まず、この動画に関するネット上の意見を見てみたいと思います。

 

実際に広告の動画を見てもらえれば分かると思うんですけど、「表面的には仲良くしてるけど、本音はお互いに良く思ってない」というスタンスのネタなんですよね。

この表と裏のギスギスした部分をネタにしてる感じと、それをバレンタインの広告として出してることに非難が集中してるようですね。

見る人が見ると、「女性は陰湿だ」「女性を蔑視してるような広告を出すなんて気分が悪い」って感じなんでしょうか。まあ別に女性全体を「陰湿な生き物だ!」っていうふうなメッセージはこの広告動画に含まれてはいないと思うのですが、、。

 

バレンタインの販売促進の動画にこういう作風のネタを持ってきたことが個人的に炎上した一番の原因だと思いますね。動画自体のネタは芸人の横澤夏子さんみたいに、女性同士のコミュニケーションを斜めな視点で切り取るようなタイプだと思っています(毒っ気はかなり倍増してると思いますが)。

そういう一部分を毒っ気のある切り取り方をしたネタを、女性への蔑視だ!と解釈するのはちょっと神経質すぎるような気が正直しますね^^;

そういう考えに至るのは分からなくもないですけど、、。

 

たぶんバレンタイン広告とは関係ないところで発表したら、そういう作風の人なのねってことで非難が0になるとは思いませんが炎上まではしなかったのでは??

 

あとは「こんな女性像にネガティブな印象を抱かせるような広告を使って、バレンタインで儲ける気はあるのか?」というような意見もありました。

これに関してはどうなんでしょうね。「ロフト バレンタイン」というキーワードを多くの人に拡散するという意味では成功してると思いますが、、。

 

スポンサーリンク

否定的ではない意見も

 

炎上してしまいましたが、全員が否定的な意見を言っているわけではありませんでした。

ちょっと紹介してみたいと思います。

僕も怒るほどのことだとは思わない方なんですよね、脳みそが単純なのかな?^^;

 

いろいろと気を使わなくちゃいけない部分が多くて、作り手は大変そうですよね~。

 

https://twitter.com/shachikuchannn/status/1091674705860292608

僕もこの考えに全面的に同意ですね。

広告の作風と会社のイメージが合ってなくて起こってしまった悲劇だと思います。

 

まとめ

 

”ロフトのバレンタイン動画が炎上!その理由はなんだろうか”をお送りしました。

バレンタイン広告が炎上してしまった場合って、バレンタイン関連商品の売り上げってどうなるんでしょうね~。炎上の仕方にもよると思いますが、、。

今回のロフトのパターンってどうなるんだ?けっこう気になる。

では!!

 

 

スポンサーリンク