佐々木大夢の読み方は何?河辺中学や吉田選手にしたイタズラについても調べてみた

第100回全国高等学校野球選手権大会で金足農業高校の主将を務めた佐々木大夢選手。

チームを主将として支え続けて準優勝という素晴らしい結果を残しました。本当にすごいですよね!

金足農業高校に到着した際に応援してくれた人たちに対して、

「最後まで諦めずにプレーし、一人一人に悔いはない。多くの応援が背中を押してくれたからこそ準優勝を達成できた」

と話したそうです。

 

そんな佐々木大夢選手に注目したいと思います。

”佐々木大夢の読み方は何?河辺中学や吉田選手にしたイタズラについても調べてみた”をお送りします。

 

スポンサーリンク

佐々木大夢の読み方は何?

 

佐々木大夢選手の名前は、

佐々木大夢:ささきひろむ

と読むそうですね。

佐々木の部分はもちろん分かりますが、”大夢”という名前の部分がお恥ずかしいことに初め全然わかりませんでした。

けっこう珍しい名前ですよね。

 

ちなみに棋士にも「渡辺大夢」さんという方がいます。まったくいない名前ではないけど、そんなに多くはない名前ってことなんでしょうかね。

 

佐々木大夢は河辺中学出身か?

 

佐々木大夢選手の出身中学は、

秋田市立河辺中学校

なんだそうです。

 

秋田市立河辺中学校は公立の中学校で、所在地はここ

地図を見た限りではのどかなイメージですね。和田駅が近くにありますが、佐々木大夢選手はそこから自転車で通学していたんでしょうかね。

 

河辺中学校の軟式野球部の強さですが、平成29年度に行われた秋田市中学総合体育大会の結果を見ると準決勝で敗退しているようです。でも準決勝まで行ってる以上弱いわけではないと思いますが、夏の甲子園で準優勝を決めた高校の主将が所属していた部活と考えるとけっこう意外ですね。

知る人ぞ知る超強豪校に所属しているんだと思ってました。

 

どのタイミングかは分かりませんが、野球部の監督の元へ佐々木大夢選手が表敬訪問したそうです。河辺中学校のホームページのトップに監督と握手をしてる佐々木大夢選手の写真がアップされていました。

中学校の野球部の監督も教え子が甲子園で準優勝してめっちゃ誇らしいのではないのでしょうか。

 

スポンサーリンク

佐々木大夢の吉田選手にしたチャーミングなイタズラ

 

佐々木大夢選手は8月22日の早朝、ピッチャーの吉田輝星選手が寝ているベッドに忍び込んでイタズラをしたらしいですね。「絡みたくなった。感謝の気持ち」とそのときの気持ちを答えたそうです。

感謝の気持ちとしてベッドに忍び込むってなかなかユーモラスですよね。吉田輝星選手の侍ポーズと言い、金足農業高校の部員はチャーミングな人が多いんですね。

 

ちなみに別室に寝ていた吉田輝星選手のベッドに潜り込んでしまうなど仲の良さが垣間見える2人ですが、考えの違いから練習中につかみ合うこともあったとか。めっちゃ熱くて良いですね!

 

まとめ

 

”佐々木大夢の読み方は何?河辺中学や吉田選手にしたイタズラについても調べてみた”をお送りしました。

将来について佐々木大夢選手は「野球はやりたいですが、選手としてだけではなく支える側にも興味があります」というようなコメントをしたそうです。ということは、コーチやトレーナーとかをやりたいってことでしょうかね?

佐々木大夢選手の将来に注目ですね。

では!!

 

 

スポンサーリンク