セリーナウィリアムズのウェアが禁止?子供や生涯獲得金額についても気になる!

9月8日に行われた全米オープン女子シングルス決勝戦で大阪なおみ選手に敗れたセリーナウィリアムズ選手。

決勝戦の試合中に自分のプレーに納得がいかずラケットを地面にたたきつけて壊してしまうなど、かなり荒れていたようですね。

プロスポーツ選手で決勝戦だからピリピリするのは分からなくないですけど、ラケットを破壊する姿はあまり見ていて良い気分はしませんね。

 

そんなセリーナウィリアムズ選手に注目したいと思います。

”セリーナウィリアムズのウェアが禁止?子供や生涯獲得金額についても気になる!”をお送りします。

 

スポンサーリンク

セリーナウィリアムズのウェアが禁止?

 

セリーナウィリアムズ選手が2018年の全仏オープンで試合中に着用していた”あるウェア”がフランステニス連盟に禁止されたみたいですね。

どういうウェアかというとこちらです。

腰回りに赤いバンド?を巻き、真っ黒な身体のラインにピッタリとしたデザインのキャットスーツです。これをウェアとして着て試合に出るのはめっちゃ目立ちますね。

色は黒でぱっと見目立たないですけど、よく見るとあれなんだ?ってなりそうですね。

セリーナウィリアムズ選手はこのキャットスーツは「ブラックパンサー」から影響を受けたそうですね。ブラックパンサーは2018年に公開されたアメリカ映画で、興行成績が「アベンジャーズ」を超えたそうです。めっちゃ大ヒット映画ですね。

 

フランステニス連盟のベルナール・ジウディセリ会長はこの奇抜なウェアに対して、

「そのようなウエアをこれ以上認めることはできません。選手は、試合とその場所に敬意を払わなければなりません」

参考:http://harpersbazaar.jp/celebrity/serena-williams-catsuit-french-open-dress-code-180827-hns

と批判のコメントをしたそうですね。

何となくフランステニス連盟会長の言い分も分からなくないですけど、セリーナウィリアムズ選手もふざけてこのウェアを着ているわけじゃないだろうし、試合中の選手に何かデメリットがあるように思えないのでこの判断はちょっとどうなの?って思いますね。

 

セリーナウィリアムズの子供は?

 

セリーナウィリアムズ選手には女の子のお子さんがいます。

名前は「Alexis Olympia Ohanian Jr(アレクシス・オリンピア・オハニアン・Jr.).」。

2017年9月1日にフロリダ州の病院で出産したそうなので年齢は1歳です。めっちゃ可愛い時期ですね。もうよちよち歩きはしてるんでしょうか?^^

 

ちなみにセリーナウィリアムズ選手は子供と一緒に有名雑誌ヴォーグの表紙を飾っています。

 

目が二重でパッチリしていて将来美人になる雰囲気に溢れていますね~。そしてなんというかセリーナウィリアムズ選手の迫力がすごい、、。

 

スポンサーリンク

セリーナウィリアムズの生涯獲得金額は?

 

セリーナウィリアムズ選手の生涯獲得金額は8000万ドルを超えているらしいですね。

仮に1ドルを100円とすると、日本円で80億円でしょうか。めっちゃ稼いでますね!!

大金持ちなのはわかりますけど金額がでかすぎてよくわかんないですね。70億も80億も同じように感じてしまいます、、。

wikipediaいわく、すべての女子プロスポーツ選手の中でトップなんだそうです。

尋常じゃない金額ですもんね~。

 

まとめ

 

”セリーナウィリアムズのウェアが禁止?子供や生涯獲得金額についても気になる!”をお送りしました。

ここまでをざっくりまとめると、

・セリーナウィリアムズ選手は奇抜なキャットスーツウェアを禁止される

・セリーナウィリアムズ選手の子供がめっちゃ可愛い

・生涯獲得金額はなんと8000万ドル超

ですかね。

 

セリーナウィリアムズ選手の自己最高ランキングはシングルスで1位、ダブルスも1位なんだそうですね。

ものすごい実力者なんですね、知らなかった、、。

では!!

 

 

スポンサーリンク