高嶋仁は五島列島出身?孫や退任の理由についても調査!

2018年度の夏の甲子園に出場した智弁和歌山高校の監督を務めた高嶋仁さん

監督としての手腕から名将と言われている高嶋仁さんですが、8月24日に監督という地位からの勇退を決意したそうですね。監督という大きな立場の人が変わることは少なからずチームの雰囲気にも影響を与えると思います。

智弁和歌山高校野球部のメンバーはどういう気持ちなんでしょうか。

 

そんな高嶋仁さんに注目したいと思います。

”高嶋仁は五島列島出身?孫や退任の理由についても調査!”をお送りします。

 

スポンサーリンク

高嶋仁は五島列島出身?

 

高嶋仁さんの出身地は五島列島(ごとうれっとう)なんだそうですね。五島列島とは、ある程度大きな地図で見たときに佐賀県と長崎県の左横辺りにある大きい島や小さい島が集まった列島のことです(長崎県に所属しています)。

ほとんどすべての地域が西海国立公園に指定されているらしいです。

名物は”アジ巻かまぼこ”や”塩うに”、”ちゃんここ”などがあるんだそうです。ちゃんここって初めて知ったんですが、餡子にきな粉をまぶしたようなお菓子なんですね。機会があったら食べてみたいな~。

 

五島列島出身の有名人は、「一週間フレンズ。」という映画で主演を務めた女優の”川口春奈さん”や「インパクト」という漫画を連載している漫画家の”竜崎遼児さん”、「イッテQ」という番組のナレーションでお馴染みのナレーターの”立木文彦さん”などがいます。

川口春奈さんって五島列島出身だったんですね。知りませんでした!

ちなみに高嶋仁さんのほかに野球関連の有名人は見当たりませんでした。

 

高嶋仁の孫は?

 

高嶋仁さんには孫が4人いるそうです。そのうちの一人の高嶋奨哉さんが進路に智弁和歌山高校を希望しているので、2019年に野球部の一員となってる可能性が高いみたいですね。

高嶋仁さんが監督を勇退しなければ、同じ野球部内にお爺ちゃんと孫が在籍することになるかもしれなかったんですね。監督として孫に激を飛ばすってどうなんだろう?やっぱり結構やりにくいんでしょうかね。

それともそういう事には気にしないタイプなんでしょうか?まあもう勇退してしまったのでこんなことを考えてもしょうがないのですが、、

 

高嶋奨哉さんは阪神タイガースジュニアのメンバーとしてプレーをしたこともあるんだそうですね。名門の智弁和歌山高校の野球部の一員になろうとしてる人はやっぱめっちゃ上手いんですね。当たり前か、、

 

スポンサーリンク

高嶋仁が退任した理由は?

 

高嶋仁さんが監督という地位を退任した理由は、

「体力的に厳しくなり、激しいノックができなくなった」

という部分が大きいようです。

あと、第100回甲子園という区切りの良さも決断を後押しした1つの要因らしいですね。

 

高嶋仁さんは現在72歳。確かにかなりのベテランですもんね。2か月に1回は病院に定期的に行っていたり健康面にはかなり気を付けていたらしいが、それでも年齢が年齢ですしね。

退任後は名誉監督となるそうですが、監督と何が違うんでしょうかね。最前線で指示を出すわけではないけどちゃんと見守るってことなんでしょうか?要するに距離感の問題かな?

退任してしまうことは残念ですが、その理由が重い病気とかではなくてよかったと思います。

 

まとめ

 

”高嶋仁は五島列島出身?孫や退任の理由についても調査!”をお送りしました。

高嶋仁さんと言えばベンチ前での仁王立ちが有名ですが、もうそれは見れなくなってしまうんです。

何だかさみしいですね。

では!!

 

 

スポンサーリンク