塚原夫婦とは?息子の国籍や出身地も気になる!

宮川紗江選手にパワーハラスメントを受けたと訴えられている日本体操協会の塚原夫婦。

8月31日に「私たちの言動で宮川紗江選手の心を深く傷つけてしまったことを本当に申し訳なく思っております」というように書面で謝罪したそうですね。今まで真っ向から反論していた雰囲気があったので、何の前触れもなく素直に謝られるとなんだか落ち着かない感じがしますね。

 

そんな塚原夫婦と息子について注目したいと思います。

”塚原夫婦とは?息子の国籍や出身地も気になる!”をお送りします。

 

スポンサーリンク

塚原夫婦とは?

 

塚原夫婦とは、日本体操協会の副会長である夫の塚原光男さんと、同じく日本体操協会の強化本部長である妻の塚原千恵子さんのことです。2人とも過去に体操競技の選手として活動していてオリンピックに出場したことがあるんだそうです。

塚原光男さんは1968年メキシコシティ・1972年ミュンヘン・1976年モントリオールの3つのオリンピックで金メダルを取っていますね。

塚原千恵子さんは1968年のメキシコシティ・オリンピックの女子団体で4位という結果を残しています。

 

なんというか体操競技のエリート夫婦って感じですね。1968年のオリンピックには戦いの場は違うけど2人一緒に出てるんですね。すごいですね!

ただ、過去に輝かしい成績があればあるほど、体操のパワハラ問題に出てくる”塚原夫婦”という文字を見るたびに何だか悲しい気持ちになりますね。

 

 

塚原夫婦の息子の国籍は?

 

塚原夫婦の息子の名前は塚原直也さんと言います。塚原夫婦は2人とも国籍は日本なので、塚原直也さんも国籍が日本のような気がしますが、じつは「オーストラリア」なんだそうですね。

国籍がオーストラリアの理由は、2008年の北京オリンピックの代表選手に選ばれなかったことからオーストラリアの代表選手として出場しようしたからみたいですね。

国内選考に僅かに及ばなかった塚原直也さんは翌年、オーストラリアに体操留学して国籍も取ろうとしていることからそう推測できると思います。

 

こう書いてしまうと、塚原直也さんが日本代表になれる兆しが見えないから逃げとしてオーストラリアに行ったように感じてしまうかもしれませんが、

1996年アトランタ・2000年シドニー・2004年アテネの3つのオリンピックに日本代表として出場するようなすごい選手なんです(2004年のアテネオリンピックでは男子団体で金メダルを獲得しています)。

 

塚原直也さんがオーストラリアに国籍を変えたことに関してこんな意見がありました。

凄まじい人生ですよね。1回オリンピックで日本代表として金メダルを取り、今度はオーストラリア代表としてオリンピック出場を目指すって。

ちなみに2012年のロンドンオリンピックには国籍を取るのが間に合わなくて出場できなかったようです。ん?何があったんだ???

 

スポンサーリンク

塚原夫婦の息子の出身地は?

 

塚原直也さんの出身地は東京都なんですね。

東京都が出身地の体操選手は、小菅麻里さんや、信田美帆さん、石坂真奈美さん、鶴見虹子さんがいます。全員女性の体操選手ですね。

男性の体操選手が見つけられなかったんですが、たまたまなのかな??

 

まとめ

 

”塚原夫婦とは?息子の国籍や出身地も気になる!”をお送りしました。

ここまでをざっくりまとめると、

・塚原夫婦とは、塚原光男さんと塚原千恵子さんのこと

・塚原夫婦の息子の国籍は、オーストラリア

・塚原夫婦の息子の出身地は、東京都

ですね。

 

両親にここまでネガティブな注目が集まり続けると、塚原直也さんにもいろいろと影響がありそうですよね。

塚原直也さんは今回の騒動についてどう思ってるんでしょうかね。

では!!

 

 

スポンサーリンク